めろんまる競馬日記

総流しが好きです。

【懐古】2003年 日本ダービー ネオユニヴァース 前編

 初めて観たダービーはネオユニヴァースが勝った2003年。今でも直線の映像が頭に浮かぶ。エースインザレースが快調に飛ばし、エイシンチャンプが追うように内をつく。ゼンノロブロイが早め先頭に立ち、外にはザッツザプレンティ。内からネオユニヴァースが抜け出しそのままゴール。サイレントディールは外から伸びたが4着まで、サクラプレジデントは直線半ばで失速。

 

あらためて出走表をみると懐かしい馬ばかり。人気順に振り返ってみる。

1人気 2.6倍 1着 ネオユニヴァース

きさらぎ賞、スプリングS、皐月賞を三連勝し臨んだ一戦

今はお馴染みデムーロ騎手を背に勝利し二冠達成

デムーロ騎手は初の外国人ダービージョッキーになった

この後に宝塚記念に出走するタフなローテーション

今でもこの一戦が余計だったと思う

春の天皇賞を最後に引退してしまい残念の一言

ダービー馬は4歳のJCをみたい 

 

2人気 3.6倍 7着 サクラプレジデント

朝日杯、スプリングS、皐月賞を三連続2着

距離が長かったのか、東京が合わなかったのか振るわなかったレース

同馬は中山記念快勝が忘れらない

安田記念か宝塚記念どちらだと楽しみにしていたら、どちらも出走せず

有馬記念で観たかった一頭

 

3人気 6.4倍 2着 ゼンノロブロイ

青葉賞馬の代表的な一頭

ダービーは差し馬優勢の中で先行し連に絡んだ 底力

秋初戦の神戸新聞杯でみせた瞬発力

随所に秋古馬三冠馬たる所以をみることができる

同じ藤沢厩舎でシンボリクリスエスが親分、ロブロイが若頭だと勝手に思っていた

 

4人気 9.9倍 4着 サイレントディール

こっそり3歳でネオユニヴァース共に宝塚記念出走

イメージになかったが実は三年連続出走していた

秋に武蔵野Sを4馬身差で勝ち、砂の王者に上り詰めるかと思ったが案外であった

不思議なローテーションの馬であった

 

5人気 12.1倍 10着 エイシンチャンプ

福永騎手がネオユニヴァースではなく、同馬を選んだと記憶している

瀬戸口厩舎の2歳チャンピオンで弥生賞も勝ち、皐月賞は3着

クラシックの有力馬ではあったが、当時ダービー向きではないと思われていた

このあとはマイルCS、OP特別、ローカル重賞、ダート、大井に転厩など多彩な戦歴を刻む

福永騎手がネオユニヴァースに騎乗していたら、どういう結果になっていたのか

ダービー制覇は先の話である

 

長くなってしまったので6人気以降は別にします

他にもザッツザプレンティ、リンカーン、チャクラ、クラフトワークなど懐かしい馬が揃っています