めろんまる競馬日記

総流しが好きです。

【予想】マイルチャンピオンシップ 好メンバー

2020年11月22日(日)

第37回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

阪神 芝右1,600m 17頭

 

 久しぶりの強者が揃った秋のマイルGⅠ。アーモンドアイに快勝したグランアレグリアを初め、マイルGⅠ複数勝利のインディチャンプ、アドマイヤマーズ、三歳世代2番手のサリオス、NHKマイル(GⅠ)1、2着のラウダシオン、レシステンシアなど強みを持った馬が揃った。

 ある程度は安田記念(GⅠ)で勝負付けは終わっており、予想は人気通りになってしまい馬券妙味が薄い。こういう時は思い切って点数を絞れれば良いが、それが出来ない性分である。

 

本命◎グランアレグリア

対抗◯サリオス

単穴▲インディチャンプ

穴穴☆アウィルアウェイ

穴穴☆スカーレットカラー

穴穴☆ヴァンドギャルド

 

◎グランアレグリア

 安田記念(GⅠ)、スプリンターズS(GⅠ)と強い内容でGⅠ2連勝中。能力は一枚上、得意のマイル、騎乗はルメール騎手。死角が見当たらない。

 

◯インディチャンプ

 操縦性高く、末脚も切れる。枠にも恵まれベストのレースが出来るはずだ。大崩れのイメージが一番湧かない馬である。

 

▲サリオス

 三歳世代の2番手。毎日王冠では古馬相手に完勝し、良いステップレースになった。パフォーマンスで言えば阪神マイルはベスト。どんな競馬をしてくれるか楽しみだ。

 

☆アウィルアウェイ

 スプリンターズSでは最高方から直前よく追込み3着。マイルは桜花賞(GⅠ)以来だが前走の走り今回もと期待をさせる。

 

☆ヴァンドギャルド

 マイラーズC(GⅡ)では大味な競馬で3着と能力をみせていた馬が、前走の富士S(GⅡ)で中段から快勝し成長がうかがえる。

 

☆スカーレットカラー

 阪神牝馬S(GⅡ)のように溜めれば、展開嵌れば切れる脚がある。

 

【予想】エリザベス女王杯 上位拮抗

2020年11月15日(日)

第45回エリザベス女王杯 (GⅠ)

阪神 芝右2,200m 18頭

 

 今年は阪神2,200mで開催される。宝塚記念(GⅠ)のように馬場は渋っておらず、またHペースで進むことはないであろう。コースは同じでも質の違うレースになるはずだ。

 道中緩みないペースになるのか、早めに捲る馬はいるのか、はたまた直線の末脚勝負か。牝馬GⅠだと、どういった展開になるのか楽しみだ。

 

本命◎センテリュオ

対抗○ラッキーライラック

単穴▲サトノガーネット

 

◎センテリュオ

 昨年4着で、本レースに照準を当てたローテーションのセンテリュオを本命とした。前走のオールカマー(GⅡ)では、先に抜け出したカレンブーケドールをゴール前で差し切り初重賞制覇。後ろからはこの馬一頭で末脚が目立った。本レースと似ている中山2,200mということもポイントが高い。

 

 このぐらいの距離の方が、前半ゆったりと入ることができ、最後の末脚が生きる。また今回もスローが見込まれ展開は合う。

 

○ラッキーライラック

 今年の強い牝馬の一角。デムーロ騎手からルメール騎手への乗り替わりはプラスと考える。 

 

 近走のような先行して早めの競馬より、末脚を生かす競馬の方が持ち味が生きる。

大阪杯も先行したが内にいたおかげで、捲ることなく、直線での末脚が生きたと考えている。大外枠は気になるが、騎乗の手腕に期待だ。

 

▲サトノガーネット

 前走の新潟記念(GⅢ)では最後方から上がり31.9秒の末脚で僅差の4着。小倉記念(GⅢ)でも2着にきており、牡馬相手に結果を残している。

 展開待ちの一面もあるが、末脚の魅力に賭けたい。宝塚記念(GⅠ)でデニムアンドルビーが2着にきたイメージを持っている。

 

 

【予想】アルゼンチン共和国杯 良い形でJCへ

2020年11月8日(日)

第58回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

東京 芝左2,500m 18頭

 

◎サンアップルトン

 前々走の日経賞(GⅡ)は4コーナーから追われ最後まで伸び続けて4着。上位三頭のミッキースワロー、モズベッロ、スティッフェリオは春のGⅠで馬券内になっており、この馬もそれに相応しい実力があるばすだ。

 

 休み明けの前走オールカマー(GⅡ)は好枠から好位置で競馬を出来たが、道中馬場の悪い内を走った影響なのか、案外な結果に終わってしまった。

 

 今回は舞台を移し、東京2,500m。スタミナがあり、息の長い末脚のある同馬にとって打って付けの舞台だ。